ミスティーノは違法?ライセンスと信頼性について

ミスティーノは違法ですか?ライセンスと信頼性など検証します

ミスティーノ(Mystino Casino) は日本人もよく使う人気のオンラインカジノです。ミスティーノの評価を調べたら、「これは違法ですか?」このような内容もあります。この記事では、ミスティーノの違法性、ライセンス、信頼性について解説します。

ミスティーノホームページ

ミスティーノホームページ

ミスティーノカジノが違法ではない理由をライセンスや運営会社などから解説

結論から言えばミスティーノは違法ではないです。理由としては大きく3つの理由があります。

  • 政府ライセンスを取得しているので運営上の違法性なし
  • サーバー拠点が日本国内ではなく海外
  • 逮捕者が出ていない

これらの点についてそれぞれ説明します。

政府ライセンスを取得しているので運営上の違法性なし

ミスティーノはオランダ領キュラソー島の許可証を持って、オンラインカジノを運営しています。公式サイトをチェックしても有効なライセンス情報が確認できます。

このウェブサイトは、キュラソーの法律に基づいて登録番号150895で登録され、キュラソーのEコマースパークHeelsumstraat 51に登録事務所を持つCurisle N.Vによって運営されています。

ミスティーノについて
ミスティーノライセンス

ミスティーノライセンス

初心者にとっては「オランダ領キュラソー島はもともと信頼できるものですか?」不安を感じる人もいるでしょう。確かに、オランダの領土キュラソー島の許可証はお金を払えば通りやすいです。

しかし以下のような大手のオンラインカジノもオランダ領キュラソー島のライセンス下で運営されているのも事実です。

有名なオンラインカジノと同じ許可証を取得すれば、ミスティーノの信頼性も高いと言えます。

サーバー拠点が日本国内ではなく海外

ミスティーノのオンラインカジノ運営自体が違法でなくても、「日本人は日本国内でミスティーノを利用するのは違法ですよね?」コメントもあります。ミスティーノの利用は刑法の賭博罪に触れる可能性があると言われています。
確かに、過去にオンラインカジノのプレイヤーが逮捕された事例があります。

しかし、逮捕された3人のプレイヤーは全員訴えず、罰金だけを払えばいいです。
オンラインカジノの利用については、法律がまだ完全にされていませんので、実際には結果が勝ちとなります。しかし、過去の例では、有罪による前科判定はありませんでした。

ちなみに、ミスティーノは海外企業が運営しており、サイトのサーバー拠点も海外にあるため、捜査が困難です。ちなみに、ミスティーノはCurristleN.V.という会社が運営しており、公式サイトにも明記されています。

このウェブサイトは、キュラソーの法律に基づいて登録番号150895で登録され、キュラソーのEコマースパークHeelsumstraat 51に登録事務所を持つCurisle N.Vによって運営されています。Curisle N.V.は、キュラソー州知事が発行したMaster Gaming License#8048 / JAZに従って、Antillephone N.Vが付与したサブライセンスを通じて正式にライセンスされています。このウェブサイトの公開は、登録番号HE401596で登録されている、キプロスの法人である子会社Maliom Ltdと共同で行われています。ゲームには依存性があります。責任を持って遊んで下さい。カジノのルールはゲーム内で確認することができます。Curisle N.Vは、Curisleの代理としてペイメントエージェントとして機能することを、Maliom Ltdと約定を結んでいます。

ミスティーノ公式

プレイヤーから逮捕者が出ていない

ミスティーノは違法性がなく、ミスティーノで遊んだユーザーの中に逮捕者がいないことからもわかる。
SNSを調べたら、ミスティーノの本名が公開されます。違法性があれば、とっくに逮捕されているはずです。

最近はSKE 48の松井珠理奈、「国民の恋人」として知られる橋本美奈美、ジャングルポケットの斎藤慎二などがミスティーノの宣伝で話題になっています。

ミスティーノのオンラインカジノとしての信頼性は?口コミから考察

ミスティーノについては、ネットやSNSでユーザーの口コミを調べていますが、かなり疑わしい評価が見られます。そのため、「オンラインカジノとしての信頼度が低い」と感じるユーザーもいます。
実際、ミスティーノではどのような口コミが見られますか?特に気になる内容をピックアップして解説します。

口コミ① ミスティーノで資金の出金拒否を食らった

最もよく見られる口コミは「ミスティーノで出金拒否を食らった」」ということです。仮に出金できないとなると、不安に感じてミスティーノを使いたくなくなる人も多いでしょう。

しかし、結論から言えば、ミスティーノは他のオンラインカジノと同じように問題なく出金できます。私自身は過去100回以上、ミスティーノから何の問題もなく出金することができました。
ミスティーノから出金できなくなる理由は、以下の通り考えられます。

  • 入金額以上のベットを行っていない
  • 決済サービスからの入金履歴がない(クレジットカード入金の場合銀行送金のみ利用可能)
  • 本人確認書類の提出が済んでいない

特に、デイリースピンを受けたら、入金金額のベッドを忘れることが多いです。しっかりと入金金額と同じ金額でベットをすれば大丈夫ですので、出金拒否の事例に対しては大きな不安を抱く必要はありません。

口コミ②「ミスティーノのアカウントを理由もなく凍結されてゲームができなくなった」

2020年8月、ミスティーノのアカウントが突然凍結され、多くのプレイヤーがプレイすることができなくなりました。

ミスティーノの最大の魅力である甘いボーナスの規定については、予告なしに変更され、いつもと同じように使っていたユーザーが口座を凍結され、SNS上で大きな騒動を起こしたことは今でも覚えています。
多くのユーザーが抗議して凍結をキャンセルした経緯がある。その後、特に不思議な理由で口座を凍結したことはありません。
不可解なな凍結騒動を引き起こしたのは確かにマイナスイメージですが、その後のユーザー優先の対応から見ても、今後同じような事件が発生する可能性は低いです。

口コミ③「ミスティーノは入金エラーが多すぎるただの詐欺カジノだ!」

ミスティーノの入金ミスがとても多いオンラインカジノにも多くの評判があります。

実際にミスティーノに入金しようと思って入金できなかったことはありました。しかしそれは決してミスティーノが不正にプレイヤーの資金を巻き上げているというようなことではありません。

入金が正常にできないのは、決済会社の入金拒否のためです。ミスティーノだけではなく、他のオンラインカジノでも頻繁に発生しています。

口コミ④「ミスティーノのゲームをプレイしても負けるだけ」

仮にイカサマがあるとすれば、利用する気がなくなってしまいますが。結論から言えば、ミスティーノのゲイカサマが仕組まれていることありませんので、安心使用してください。
もともと、ミスティーノで遊べるゲームはミスティーノが開発したものではなく、NetEnt、Microgaming、Ygdrasilなどのゲームプロバイダが開発したものです。

すべてのゲームはRNGというランダムシステムで実行されていますので、リモート操作はできません。仮にイカサマがゲームに仕組まれているとすれば、ミスティーノはライセンスを奪われ、オンラインカジノを運営できなくなります。
「ミスティーノでは勝てない」という内容を見て不安になる人も多いと思いますが、あくまでも負けたプレイヤーの嘆きでしょう。勝つかどうかはプレイヤー次第です。

口コミ⑤「ミスティーノのサポート対応は他のオンラインカジノより不親切すぎる」

しかし、悪い評判と同じように、積極的な内容も見られます。むしろ、営業を始めたばかりの頃は、悪い評判がたくさんありましたが、最近は悪い内容がほとんどなくなり、いい印象を残しました。
おそらくオープン当初は、従来のオンラインカジノにはないボーナスシステムに魅力を感じるユーザーが殺到し、キャパ・オーバーとなったのだろう。しかし、必要な人を確実に確保することで、安定したサポート体制ができたと考えられます。

口コミ⑥「入金・出金の手数料無料のはずなのに高額の手数料が取られた」

無料と書いてありますが、手数料がかかりますので、納得できないところもありますよね。しかし、実際には、ミスティーノ側の手数料は無料です。
つまり、クレジットカードと入金先の銀行口座は手数料が発生する可能性があります。手数料はいくらかかりますか?決済手段によって異なります。
「手数料が心配」という人は、電子決済サービス「ヴィーナスポイント」をオススメします。手数料はほとんどかかりません。

関連記事