レオベガスが2022年に向けて米国での展開を発表

レオベガス( Leo Vegas)が2022年に向けて米国での展開を発表

2021年5月27日、レオベガスは2022年に米国で展開すると発表しました。

スウェーデンの有名なiGamingオペレーターであり、先日、自社スタジオBlue Guruを通じて独自スロットゲームを開発していくということを発表したLeoVegasは、アメリカの事業拡大計画を発表した。

レオベガスが2022年に向けて米国での展開を発表

レオベガスが2022年に向けて米国での展開を発表

計画の拡張計画は2022年上半期に、Caesars Entertainmentとのマーケットアクセス契約契約で実現する予定です。

上場企業も果たしているこのブランドによると、LeoVegasの独自のiゲーミングプラットフォームRhinoを迎える最初の米国の州になるそうです。

LeoVegasの市場参入は、Caesars Entertainmentのランドベース施設とそのiGamingライセンスを通じて行われます。

これまでずっと「The King of Casino(ザ・キング・オブ・カジノ)」としてブランド展開していきました。

LeoVegas

LeoVegasはアメリカでブランドを確立する機会を得たことを非常に誇りに思っているとのことで、Hagman氏は、北米におけるiGaming市場の計り知れない成長の可能性があることを強調しました。

LeoVegasのCEOであるGustaf Hagman(グスタフ・ハーグマン)氏

これは激しいオンラインカジノ市場競争の中で戦略的に優位を占めるためです。

なぜ最初のスタート地点としてニュージャージーを選んだのですか?答えは簡単です。
それはニュージャージー州が米国最大のオンラインカジノ市場です。2020年にはニュージャージー州で10億ドル以上の巨額の利益があったからようです。

このため、Leovegasだけでなく、EveryMatrix、Enteractive、Mr Gambleなどの他の大ブランドもこの州で米国事業を開始し、今後も多くの企業がこの地域に足を踏み入れることになります。

LeoVegasは「不眠革命者」として知られています。同社は米国進出の準備を進める一方で、他のプロジェクトにも力を入れている。

立ち止まる時間がありません。このように精力的に活動しています。

今年の初めには、スリリングな「LeoVegas Blastプレイモード」を導入しました。このは機能により、プレイヤーは可能な限り最速のスロットアクションを楽しむことが出来るというもので圧倒的なスピード感をユーザーに与え、ユーザーは、スピンの回数を選ぶだけで、あとは勝利した場合やボーナスラウンドをトリガーした場合にのみ、通知を受けることができるようになるというものです。

この仕組みにより、プレイヤーはただ待つという時間を浪費することはありません。

LeoJackpot Blastは、現在26のNetEntのスロットで体験することが出来、その中には「Dead or Alive」や「Gonzo’s Quest」なども組み込まれています。

LeoVegasは、先ほどもお伝えしましたが、自社スタジオBlue Guruを立ち上げ、お客様だけが利用できる独占的なゲームとBlastプレイモードを作りたいと考えています。

このスタジオでのブランド展開を引っ提げてアメリカ進出のための重要な戦略の1つとして位置付けています。

今後Blue Guruがユニークなタイトルがどんな魅力的なゲームをリリーしていくのかも目が離せません。

2022年においてニュージャージー州でLeoVegasがどのように注目を集めていくのか注目をしていきたいところですね。

関連記事